月別アーカイブ: 2014年6月

何度失敗しても借金からでもやり直せる

私は以前、飲食店を経営していて見事に失敗して1000万円の借金を背負ってしまいました。

年令はすでに45歳になっており、もう先が短いんだし、これからは老いていくだけで、
楽しいことなど何一つないんじゃないかと思うようになって一時は自ら命を絶つ事も考えていました。

しかしある時、無邪気に生きている子どもたちを見て、このままじゃいけないと考えなおしました。
世の中には私以上の逆境から這い上がった人はいくらでもいます。
例えば、ホームレスから上場企業の社長までなった人や、巨万の富を築いた人もいるわけです。

そしてそんな地獄を味わっても捨てる神あれば拾う神もあります。
しっかり真面目に活動していれば救いの手を差し伸べてくれる人もいます。

昔起業で一時的な成功を味わって寄ってくる人たちもいました。
私が成金として調子に乗ってた30代の頃はそんな人達とばかりつるんでいました。
しかし、私が苦しい時には知らん顔で蜘蛛の子を散らすようにいなくなってしまいました。

そんな奴らは仲間じゃなかったのです。
一時、人間不信になりかけたこともあったのですが、
そんな薄っぺらい人間関係しか築けなかった自分に対して歯がゆい思い、悔しい思いをしてきました。
しかし今度成功したら本当の人間関係を気づいていきたいとおもいます。

 

公務員が借金しすぎた

私は某県庁所在地で働く役所の公務員です。この不景気の中、安定した収入も得られるし、

定時にはかえれるホワイトな環境でとても楽しく過ごしていました。
婚活でも私の公務員という立場はとても人気があるみたく、柄にもなくモテたりもしました。

しかしいいことは続かないものです。公務員といっても私ままだ30歳前なので、
年功序列の給料体系でため手取り自体はそれほどでもありません。
そのためカードを使って借金をしていました。手軽にできるキャッシングというやつですね。

そして最初は月々の返済金額が2,3万円くらいで収まっていたので、給料の前借り
くらいの気分でやっていました。
使い道はギャンブルなどではなく、グルメの私は趣味が食べあるきなので、
いままではB級グルメばかりだったのを銀座の寿司屋とか東京までいってフレンチレストランに
行って散財していました。

そうするとすぐに負債は膨らみだして別の消費者金融から借りてきたお金で返済金を
準備することになりました。

普通の会社員であれば副業が出来るので、お金を返せるのですが渡しの場合生活費を最低限に
切り詰めてももう不可能なところまで来てしまいました。

どうやら年貢の納め時というやつですね。もう債務整理という手段しか残されていないようです。
こうなると結婚してもバレてしまわないか心配です。