月別アーカイブ: 2014年8月

自己破産って経営者になれなくなるのか?

僕は将来起業して社長になりたいと思っている25歳の男性です。今はサラリーマンとして働いていいますが、

将来は必ずビッグになって孫正義のような大きな会社を1代で築きたいと思っています。
25歳だから遅いだろうという人もいますが、カーネル・サンダースは60代から成功したので、
決して遅いなんてことは無いと思います。起業はスポーツではないので、肉体は衰えても
頭が働けば問題ないのです。20代が50代になったからといって急に脳が衰えるわけではありませんしね。

それはさておき僕は実は浪費家なんです。特にフィギュアが好きで、プレミアのついたものは
まんだらけなんかにいってガンガン買ってしまいます。そのため借金がかさんできました。
気がついたら800万にもなっていて我ながら引いてしまいました。

消費者金融の借金を他の会社で返済していました。
たとえば、アコムの借金をモビットから借りたお金で返済していたのです。
さすがに僕のお給料ではもう返せないところまできました。しかし、フィギュアの購入は続けていたのです。

そこで、なんとかこの悪いサイクルを断ち切るために法律事務所に相談に行きました。
そうすると経営者の資格が剥奪されるということを知りました。
しかし、それは裁判所から免責が下りるまでの一時的なことであって、
将来起業することとは関係ないとのことです。僕はほっと胸をなでおろし債務整理をしてもらう
ことになりました。

 

カードローンの金利を安くして欲しい

私はいつもカードローンを利用してます。都内の役所につとめる地方公務員で働いているのですが、

給料が安すぎるので、生活費で精一杯なので欲しいものが一切買えません。

実家ぐらしの同僚などは給料使い放題でブランド物のバッグや海外旅行もしていたりするのですが、
私の場合、実家は九州にあるので一人暮らしをせざるを得ません。
しかし東京は家賃が高いですね。ワンルームを借りて10万円もしてしまいます。

なんであんな狭い部屋にあんな高い家賃を支払わなければいけないのか疑問に思いますが、
今の部屋以下にグレードや立地を下げるわけにはいかないのです。

そんな訳で、いつも金欠気味でカードローンをよく利用しています。やっぱりお金を借りるしか、
私が満足に生活するためにはありません。

何のために働いているかというとただ、食って寝られれば良いわけではないのです。
人生欲しい物を買って楽しんでいきたいから働いているのです。
でもお金が足りないからカードローンを使うしかないのですが、金利が18%なんて高い過ぎると
思いませんか?

特に私はそのメガバンクに口座も持ってるしよく借りているお得意さんなので、
金利をもっと安くして欲しいですね。

消費者金融一覧@お金を借りたい人のサイト